ひとり旅におすすめ!オランダの魅力とそのポイント

私がひとり旅におすすめしたい地域は、ヨーロッパです。ひとくくりにヨーロッパといっても、国によって言語や気候など、特色が全く違います。それがヨーロッパの国々をくまなくめぐりたくなる、旅人を飽きさせないポイントのひとつです。そんな魅力いっぱいなヨーロッパの中からひとり旅おすすめの国として、オランダが挙げられます。オランダがひとり旅にぴったりな理由と、おすすめの都市を実際に訪れた経験から、紹介いたします。チューリップと風車だけじゃない!その魅力を知れば、きっとオランダに行きたくなることでしょう!

オランダおすすめポイント①ひとり旅を助ける、交通手段が発達

Holland-1

ひとり旅の可能性を広げるのが、発達した交通網です。自分しかいないという身軽な状態なら、交通網が発達していれば活動範囲はかなり広がります。よって、全土で鉄道が発達しているオランダは、ひとり旅にぴったりです。鉄道を使えば、オランダじゅうをかけめぐることができます。そのオランダ観光の拠点となるのが、首都アムステルダムです。唯一国内で日本からの直行便が就航しているというだけあって、アムステルダムから観光を始めるという人が多くいます。そのアムステルダムには、オランダ全土から列車が乗り入れています。アムステルダムを拠点にすれば、オランダ国内ほとんどの都市まで、鉄道でおおよそ3時間以内でのアクセスが可能です。鉄道だけを利用したオランダ一周もそう難しいことではりません。また、ベルギーやドイツなど、鉄道による近隣諸国からのアクセスも便利です。列車での移動が好きな人にはオランダはもってこいです。

出典:WWW.HOLLANDO.COM

オランダおすすめポイント②周りを気にせず楽しめる、おひとりさまおすすめスポットがたくさん!

Holland-2

ヨーロッパでのひとり旅で、ひとりでも気にせず楽しめる観光スポットの代表的な存在に、ミュージアムがあります。オランダはこれまで、優れた芸術家を輩出してきた歴史があります。特に中世のオランダ絵画は日本でも大人気です。アートに疎い人でも、レンブラントやフェルメールといったオランダ出身の画家の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。オランダには彼らの作品が展示された美術館が点在しています。同行者がいるとつい気を使って鑑賞に集中できないという人も、ひとり旅ならその心配はありません。自分のペースで、気のすむまで集中することができます。また、少々マニアックな画家の聖地巡りも、ひとりなら周りを気にすることなくできます。

出典:WWW.HOLLANDO.COM

オランダおすすめポイント③英語が通じやすい地域

Holland-3

自分自身、現地の言葉がわからなくて不安。にもかかわらず通訳もいない、添乗員もいない、その代わりをしてくれる同行者もいない。ひとり旅において、言語に関する不安はつきものです。オランダの第一言語はオランダ語ですが、国民の大半が英語でコミュニケーションが取れるという地域です。もちろんオランダ語でしかコミュニケーションが取れない人もいますが、簡単な英語が分かればだいたいのシチュエーションに対応できる国です。観光客がよく訪れるスポットならだいたい英語表記、英語の話せるスタッフがあります。駅にある自動券売機の表記も英語やドイツ語など、オランダ語以外の言語に対応しています。オランダ語を使わなくとも、英語だけで観光することも可能です。様々な国の人がオランダで生活をしており、日本人だからといって臆することなく過ごせます。しかし、駅の電光掲示板、トラムや電車内のアナウンスはオランダ語です。オランダ語表記しかない場所もあるので注意してください。また、挨拶やお礼などの簡単な会話はオランダ語でできた方が、現地の人も喜んでくれますよ。旅気分も満喫できます。

ひとり旅におすすめの都市①アムステルダム

Holland-4

首都アムステルダムは外せません。オランダの中でも、ここにしか見られない文化・風習に出会うことができます。赤いネオンについ引き寄せられそうになる飾り窓は、他のオランダの都市では見かけません。あったとしても、アムステルダムほどの規模ではありません。また、ひとり旅の足になってくれる交通機関も発達しています。トラムやバスを使えば、アムステルダムの見どころはほとんど制覇できます。待ち時間のあるアンネの家やゴッホ美術館も、フットワーク軽く訪れることができるのもひとり旅ならでは。アムステルダムの中心部はほかの都市よりもホテル代が高くつきやすいので、気になる方はアムステルダム・スキポール空港から直通の電車があり、電車で2~30分程度のところにある都市なら、比較的ホテル代も抑えられて観光に便利です。

出典:WWW.BUS.KINDAI.AC.JP

ひとり旅におすすめの都市②デルフト

Holland-5

ひとりで気ままに旅するなら、おすすめの都市です。アムステルダムからは電車で約1時間のところにあります。日本でも大人気の画家・フェルメールが生まれ育った街で、世界中のファンが聖地巡りをしています。主な観光スポットが一か所に集中しているので、短時間の滞在でもしっかり観光できます。デルフト観光のおすすめは、自転車での散策です。坂道が少ないので、自転車でらくらく観光できます。デルフトは中世の建物が残る、歴史ある街です。こぢんまりとしていますが、街のあちこちに水路が残る景色はオランダならでは。そんな街並みをさっそうとかけぬけるのは、自転車ならではの楽しみです。オランダでは多くの人が自転車で生活していて、観光地にはだいたいレンタサイクルがあるのが特徴的です。その特徴を利用して、デルフト観光を目いっぱい楽しみましょう。自転車があれば、ひとり旅の自由度がますます高くなります。

出典:WWW.HOLLANDO.COM

ひとり旅におすすめの都市③ユトレヒト

Holland-6

ミッフィー好きならユトレヒトは外せません。アムステルダムからは電車で約30分のところにあります。ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナの生まれ故郷として、世界中のファンが訪れます。ミッフィーにまつわる観光スポットが目白押しなので、ファンにはたまりません。世界でたった一つの、ミッフィー信号機があるのもこの街です。横断歩道はレインボーカラー、まるでミッフィーの幸せあふれる世界観を体現しているかのような場所です。ミッフィー・ミュージアムという、ミッフィーの絵本の世界を再現したような博物館もあります。子どもがミッフィーの世界観を体験できるアトラクションがメインですが、大人でもじゅうぶん楽しむことができます。ミッフィーのおうちでケーキを焼いたり、ミッフィーを寝かしつけたりできる体験は、ここでしかできません。ひとり旅なら、マニア心の赴くままに気のすむまで聖地巡りができます。他にも、街の中心部を流れる運河沿いをのんびり散策したり、個性豊かなショップをめぐったり、過ごし方はいろいろです。

出典:WWW.HOLLANDFLANDERS.JP

ひとり旅におすすめの都市④ロッテルダム

Holland-7

これまで紹介した都市よりも、近代的な街並みの街です。アムステルダムからは電車で約1時間のところにあります。街自体の歴史は古く、9世紀までさかのぼります。しかし1940年のドイツ軍の爆撃により市の中心部は徹底的に破壊されてしまいました。現在の近代的な街並みは、戦後の復興によるものです。先進的なデザインや建築好きなら目いっぱい楽しむことができます。建築が好きな人におすすめなのは、ヘット・ニュー・インスティテュートです。建築関連のコレクションを展示している施設です。内容は、公共建築、工業インテリア、グラフィックデザインなど、国内外の建築に関する動向をチェックすることができるものばかりです。中には専門的な要素も含まれていますが、一般の建築好きでも十分興味深いものばかりです。

出典:JBPRESS.ISMEDIA.JP

まとめ

ひとり旅の良さは、同行者を気にすることなく、自分の好きなものをチョイスできるところにあります。少々マニアックな趣味も、同行者を気にせずとことん突き詰めることができます。そんなひとり旅をお望みな人におすすめなスポットが、オランダには詰まっています。ひとり旅ならではのフットワークの軽さと列車があれば、オランダ1周も夢じゃありません。あなたもぜひ、オランダでひとり旅に挑戦してみてください!

カジヤマシオリ
執筆者名:カジヤマシオリ

プロフィール:まゆげが濃ゆい、ヨーロッパひとりトラベラーです。アートと素晴らしい光景を目指してどこへでも。イギリスやオランダ、チェコやイタリアなどを旅した経験があります。

Holland-5