【都内近郊】夏休みに行きたい!人気のプール施設5選

参議院選挙にEU離脱、ユーロ2016、今年の夏はいろんなニュースが駆け巡っていますね。しかしどんなニュースも関係ない人には関係ないもの、知らんぷりだってできます。ただ、そうは言っていられないものがひとつ、今年も近づいています・・・。

猛暑

こればかりは無視できない!今年も尋常ではない暑さが私たちに迫り来ようとしています。アイスを食べても、クーラーをつけても決して逃れられない暑さ。節電なんてもう関係ない!? Tシャツすらもわずらわしい暑さ・・・ 想像するだけでも、逆に鳥肌がたちそうですね。それならばもう、暑さを楽しんでしまうしかないのではないでしょうか。今回は、大人の、子どもの、そう、皆さんのための、様々な楽しみ方ができるプール5選をまとめてみました。夏の王道から知る人ぞ知る(?)穴場プールまでを揃えたこの特集を読んで、この夏のクールガイ・クールガールを演じましょう!

1. 入っていいの?オリンピックを先取りして気分は上々♪

東京辰巳国際水泳場

tokyo-summer-pool-spot-1

意外と知られていないのですが、2020年東京オリンピックの会場にもなるこの施設、一般に解放されているんです。2008年には北島康介選手が世界新記録を樹立し、大きな話題になったのがここのメインプールなのですが、その他サブプール、ダイビングプールと種類豊富な施設が魅力(それぞれのプールに入泳条件があります)なのです。泳ぎに自信のある方は自慢の肉体を披露して、北島選手のあの名ゼリフを再現してみてはどうでしょう!

SITE: http://www.tatsumi-swim.net/
ACCESS: 東京都江東区辰巳2-8-10(有料駐車場あり)
TEL: 03-5569-5061
FEE: 600円(大会の無い公開日のみ・時間無制限)

出典:WWW.TOMOE-CORPORATION.CO.JP

2. 泳いでなんていられない!東京タワーを眺めながら浸るプール

アクアフィールド芝公園

tokyo-summer-pool-spot-2

夏季(6月下旬~9月上旬)に突如として現れるこのプールの存在を、ご存じない方も多いことでしょう。それはもはや都市伝説レベル・・・ 東京、このコンクリートジャングルのど真ん中にこんな素敵な場所があったなんて、もっと早く知っておくべきでした。プールサイドすぐ側には、明々ときらめく東京タワー。大人の風情を感じさせるプールを知っているあなたは、この夏を一歩リードです。ちなみに、夏季以外の期間はフットサル場として運営されています。

SITE: http://www.minatoku-sports.com/facilities/aqua.html
ACCESS: 東京都港区芝公園2-7-2(駐車場なし)
TEL: 03-5733-0575
FEE: 500円(2時間・大人料金)✳小中学生は2時間200円

出典:BLOGS.YAHOO.CO.JP

3. ここならば万事間違いなし!王道レジャープール

東京サマーランド

tokyo-summer-pool-spot-3

言わずと知れたプールの王様と言えるでしょう。ここでデートしてフラれてしまったら、それは自分を見つめ直すいい機会、と書いてしまっていいくらいには盛り沢山のイベント、ウォータースライダー、若さ溢れる活気、そして割引クーポン。2014年新設の大迫力スライダー「デカスラ」が力強くそびえ立つこの地に、あなたの夏のドラマを賭けてみてはいかがでしょうか?

SITE: http://www.summerland.co.jp/
ACCESS: 東京都あきる野市上代継600(有料駐車場あり)
TEL: 042-558-6511
FEE:3500円(夏季・おとな入園券料金)✳フリーパスは4500円

出典:PARK.TACHIKAWAONLINE.JP

4. 狙うは穴場!「市民プール」をあなどるなかれ

すみだ健康スポーツセンター

tokyo-summer-pool-spot-4

懐かしい響きを感じる「市民プール」。そこから想像できるのは子どもたちの笑い声と、何の変哲も無い青いプールサイド・・・しかし、このところの市民プールはそんな思い出を粉々にしてしまうほどの破壊力をもっているそうです。ここ「すみだ健康スポーツセンター」に一歩足を踏み入れると、リゾート地と見間違うほどの開放感。なんと全面ガラス張りなのです。プールサイドも、砂浜をイメージした色合いを施してあります。そして何と言っても「市民」の味方、毎月25日は「すみだ家庭の日」というわけで、無料で解放されているのです!これは、行ってみない手はありませんね。

SITE: http://www.sumispo.com/
ACCESS: 東京都墨田区東墨田1-6-1(有料駐車場あり)
TEL: 03-5247-7755
FEE: 700円(一日・一般料金)✳毎月25日は0円!

出典:WWW.SUMISPO.COM

5. プール?海?豪快ビューで壮快な夏を

大磯ロングビーチ

tokyo-summer-pool-spot-5

大磯プリンスホテルに併設された「大磯ロングビーチ」は、相模湾を一望するパノラマビューが抜群の魅力です。海ともプールともつかない、潮風を浴びながらの心地好い一日をすごしてみませんか?何より、先の圏央道開通によりアクセスがぐんと向上しました。もはや遠出ではない大磯へ、この夏の思い出を作りにいきましょう。

SITE: http://www.princehotels.co.jp/pool/oiso/ 
ACCESS: 神奈川県中郡大磯町国府本郷546 (有料駐車場あり)
TEL: 0463-61-7726
FEE: 3700円(一日・おとな料金) ✳「2時から割引券」あり

出典:WWW.IKYU.COM

いかがでしたでしょうか?都内中心部からドライブ先まで、様々なプールをご紹介しました。部屋のなかでクーラー浸りになってしまいがちな夏の休日ですが、ときにリーズナブルに、ときに豪勢に、ひんやりときめく夏を過ごしてみませんか?いつもの仲良しメンバーで行くもよし、二人っきりで特別な時を過ごすもよし、家族連れで、あるいは新たな出会いを求めて・・・?さぁ、プールの記事を書いているというのに熱くなってまいりました。早速冷たい水に飛び込みましょう!

✳実際のプールご利用は飛び込み禁止で、マナーを守って楽しみましょう。

tokyo-summer-pool-spot-3