【都内】デートスポットにおすすめの東京都にあるスパ・温泉施設10選

デートスポット……。
いつでも楽しいその場所は、しかしマンネリ化してしまいやすいのも難点。毎回同じ場所、同じような雰囲気の場所ばかり訪問するのは、なかなかおすすめできません。
たまには、普段と雰囲気の違うデートスポットを訪れて、彼女あるいは彼氏と盛り上がりたいですね。
そんなときにおすすめなのがスパ。いわゆる温泉施設・スーパー銭湯と呼ぶ人もいます。
スパでは、お互いが湯上りという状況となるので、いつも以上にドキドキでエキサイティングなこと間違いなし!
今回は、都内のデートスポットとしておすすめのスパをご紹介いたします。

1:東京荻窪天然温泉 なごみの湯

spa-1

まずご紹介しますのは、「武蔵野温泉」という通称で知られる、荻窪の「なごみの湯」です。
こちらは、JR.荻窪駅の西口から、徒歩わずか1分、50メートルという好立地。
都内のデートであれば非常に立ち寄りやすく、しかも激混みすることはほとんどないという、おすすめの天然温泉です。
館内は、入浴そのものは男女別となりますが、岩盤浴をしながらのヒーリングスペースが充実しているのがミソ。
8つのエリアに分かれた岩盤浴エリアは、女性専用の1箇所を除いて、カップルでくつろぐことができ、体内のデトックスをするのにピッタリです。
また、お風呂や岩盤浴を出て、レストルームでパートナーとゆっくりするのも良いですね。
レストルームにも、女性専用室と、男女共用の部屋があり、リクライニングシートで、マンガを借りながらゴロゴロすることもできます。
また、テレビつきの仮眠シートで時間を過ごすのもおすすめ。
なんと、AM10時〜AM9時までの営業なので、あらかじめ予約をすれば、この仮眠シートで朝まで……なんて使い方もできちゃいます。

出典:WWW.NAGOMINO-YU.COM

2:豊島園 庭の湯

spa-2

あの遊園地、「としまえん」に隣接する温泉施設が、「豊島園 庭の湯」です。
交通アクセスは、豊島園駅から徒歩1分と、こちらも非常に行きやすい場所!
庭の湯がデートで支持される理由は、なんといっても、男性専用エリア、女性専用エリアのほかに、水着着用の混浴で入浴できる、バーデエリアがあること。
せっかくのデートだから、入浴だって一緒に楽しみたいですよね。
低温のバーデプールのほか、屋外の天然温泉や、軟水ジャグジー、フィンランドサウナなど、魅力的な浴槽がたくさん。
バーデプールの中央には、目をみはるほどのデッカイ水晶が置かれているので、パワーストーンやヒーリングが好きなパートナーは大喜びかもしれません。
また、温泉から見える日本庭園も、都会のオアシスとして、庭の湯が支持される理由のひとつとなっています。

出典:WWW.NIWANOYU.JP

3:後楽園 スパラクーア

spa-3

後楽園の遊園地として有名な「ラクーア」ですが、やはりこの遊園地に併設された「スパ ラクーア」も、オトナの癒し空間として人気です。
まるでリゾートのような、男女共用で使えるヒーリングバーデが人気。夜間に立ち寄れば窓からの夜景まで美しいというオマケつきです。
おもに8階にあるバーデゾーンでは、女性専用の1箇所を除き、その他の6箇所を男女共用で、パートナーとともに楽しむことができます。
ここ最近、デートスポットとして人気の高いプラネタリウムですが、なんと岩盤浴をしながらプラネタリウム鑑賞ができるのも、特徴の一つ。
また、6つのバーデエリアのほとんどが、リラックスのため会話禁止、携帯禁止となっていますが、しっかり岩盤浴をしながらテレビも見られる休憩コーナーと、低温サウナの2箇所では、会話も楽しめますので、パートナーとの時間にはおすすめのエリアです。

出典:WWW.LAQUA.JP

4:両国湯屋 江戸遊

spa-4

壁に富士山! というのが、日本人の銭湯の王道なわけですが、まさにそんな王道を「地で行ってる」のが、「両国湯屋 江戸遊」です。
こちらは、地下鉄両国駅の出口からは徒歩1分。両国国技館や、江戸東京博物館まですぐなので、観光がてら訪れるのも良いかもしれません。
入浴は男女別ですが、先述のとおり壁に富士山が描かれた、レトロな和風風味が非常な人気を博している浴槽が特徴的。赤富士だけではなく、あやめのタイル絵などもありますが、これらは葛飾北斎の浮世絵なんです。さすが「両国」! という味わいを、浴槽で是非堪能してくださいね。
また、岩盤浴エリアは、館内着を着用し、男女共用で一緒に利用することができます。
他の有名スパ・バーデにありがちな、多彩な岩盤浴エリアは、こちらの江戸遊には、ありません。部屋は1箇所で、リラックスできる抑えめの光の中、寝転がってゆっくりできるのが特徴。
そのため、他のスパでは、色々岩盤浴の部屋をあっちこっちひっぱり回されてもうクラクラ……という男性にも、こちらのスパはおすすめ。
また、多くのスパでは、入館・入浴料と岩盤浴の料金が別料金ですが、こちらでは岩盤浴も入館料に含まれていますので、気楽に利用できますね。
岩盤浴は、平日は予約不要ですが、休日は、入館後に専用のカウンターで、予約が必要となります。
また、休日は岩盤浴のみ、40分の時間制で、もう一度その日に岩盤浴を利用したい場合には追加料金と再予約が必要になります。あわてず、ゆっくり滞在したい場合には、平日の夜デートなどに訪れるのが良いかもしれません。

出典:WWW.EDOYU.COM

5:お台場 大江戸温泉物語

main_v01_1

各所に温泉施設を展開している「大江戸温泉物語」ですが、都内でもお台場で入浴を楽しむことができます。
館内では、レンタルできる浴衣で過ごすのがおすすめ。お風呂より前に、併設されている縁日やゲームコーナーに魅了されてしまうかもしれません! 浴衣で遊べば、一年中小江戸を訪れた気分。浴衣を着用したまま、足湯エリアでカップルでくつろぐのも良いでしょう。
入浴自体は、男女別の浴槽となりますが、一緒にカップルで入浴したい!という場合には、時間貸しの個室露天風呂がありますので注目。こちらは、予約は受付けておらず、当日入館後の受付けのみとなっています。
彼女や彼の誕生日など、特別な日には、露天風呂つきの個室で、ゆったり入浴した後に極上のお食事もいただける、「個室御膳プラン」を予約しておくのがおすすめ。こちらは前日までに予約を取ることができます。
ちなみに、宿泊施設も併設されていますので、予約が取れればお泊まりすることもできますよ。

出典:WWW.OOEDOONSEN.JP

6:東京サマーランド

spa-6

「プールのサマーランド」の異名を取る、東京サマーランド。都内や、近郊の人にも、「夏だけプールが登場する」と想っている人がたくさんいるハズ! しかしそれは間違いです。
もちろん、夏場に大興奮する屋外プールも存在していますが、このほかに、サマーランドには、一年中プールを楽しむことができる、全天候型のひろーい屋内プールが存在しているのです。
……これだけ聞いても、カップルで絶対楽しめる予感がしますよね。
そして、その屋内プール施設の中に、軟水のジャグジーが備え付けられており、ここがカップルに人気の癒しの浴槽となっています。
厳密にスパと言って良いかどうかは謎ですが、ここが都内のカップルに絶大な人気を誇る入浴施設となっていることは間違いなく、もちろん水着で男女ともに、同じお風呂を楽しむことができるのが人気の秘訣。
水温は約40℃ですので、プールで冷えたからだを温めるのには最適!
もちろん、サマーランドへ行ったら、この温浴ジャグジーだけではなく……屋内プールも楽しんでしまうのは、カップルとしてはあたりまえの行動でしょう。
アクセスは、各線八王子駅からバスで35分ほど。
遊びすぎて帰るのに疲れたら、宿泊施設も併設していますので、空室を検索してみては。

出典:PARK.TACHIKAWAONLINE.JP

7:ヒルトン東京お台場 庵スパTOKYO

spa-7

ヒルトン東京の5F、お台場の海をのぞむ「庵スパTOKYO」は、宿泊しなくても、マッサージとセットでスパを利用することができます。
宿泊者以外は、必ずマッサージを受けないと入館できないというシステム上、混雑することがまず絶対にといって良いほど無く、東京の穴場スパとしてカップルからの人気を博しているのです。
リラクゼーションの専門家が施術するマッサージは、どのメニューも完璧なリラックスをもたらしてくれます。
マッサージが終わったあとは、ジェットバスとプールで思いっきりカップルでの時間を楽しみましょう! もちろんここは水着エリアのみなので、パートナーとゆっくり過ごすことができます。
屋外ジェットバスからは、海とレインボーブリッジを眺めることができ、いつまでも入っていたいと思わせること間違いなし。ジェットバスやプールは屋内にもありますので、雨天でも安心して利用することができますよ。
マッサージを予約することで、入館できるスパエリアですが、宿泊にセットのプランもあります。もちろんサービスはヒルトンの極上サービスですので、いろんな意味で間違いなし。お泊まりで楽しむのも良いかもしれません。

出典:HILTONODAIBA.JP

8:timesSPA RESTA池袋

spa-8

「都心の大人のスパ」といえば、このレスタ池袋を除いては他にありません。
サンシャインシティのお向かいに建つこの施設を、これまで横目で見て通り過ぎてた! という方も多いのではないでしょうか。
レスタ池袋も、入浴自体は男女別の浴槽となります。あなたの彼氏、彼女と、カップルで一緒に入浴を楽しめないのは残念なところですが、男女それぞれ5種類の浴槽と、サウナ、アメニティ類の充実したパウダールームは、カレもカノジョも満足できるリッチな雰囲気を味わわせてくれます。
カップルで楽しむことができるのは、リラックスラウンジ。10階のリラックスラウンジでは、男女共用になっていますので、ぜいたくなリクライニングチェアに寝そべりながら、それぞれビデオオンデマンドを楽しんだり、会話をすることができます。
このリラックスラウンジは、自然の音を再現する「クーネ」と呼ばれる音響をそなえている他、香りでもリラックスできるよう、研究しつくされたアロマが焚かれています。午後の幸せなシエスタにも最高の環境ですよね。
同じく10階には、窓の外が眺められるフリーラウンジがあり、こちらは夜景がご自慢。11階には、完全予約制のプレミアムラウンジがあります。別料金ですが、料金は60分300と格安。さらにグレードアップしたリクライニングチェアをカップルで楽しむのもおすすめです。

出典:WWW.TIMESSPA-RESTA.JP

9:万葉の湯 町田

spa-9

都心から少し離れた、しかし利便性のよい、町田インターのすぐ側に位置しているのが、東京湯河原温泉 万葉の湯、町田。
以前は、外観とその歴史から、スパの中でも少々古びた印象を持たざるを得なかったこの施設も、近年地上8階建てのリラクゼーション施設に完全リニューアル。
万葉の湯 町田が初めて! という人も、また、みなとみらいとのギャップが……と感じていたリピーターさんも、カップルで是非訪れたい施設となっています。
入浴は男女別ですが、共同で楽しむことのできる足湯エリアの存在は魅力のひとつ。夜間にはライトアップされ、ロマンチックな空間が演出されます。
また、館内着で利用することのできる岩盤浴エリアは、1箇所の女性専用エリアを除き、3種類の岩盤浴をカップルでともにすることができます。
入浴後には、テレビを見ながら寝椅子に転がることのできる、リラックスルームで、カップルそろってくつろぎましょう。うーん、もっと完全に眠ってしまいたい……というときには、和洋室、和室、洋室などの宿泊施設が整っているのも、万葉の湯の魅力のひとつ。当日でも、空室があれば案内してもらえますので、打診してみては。

出典:ONSEN.NIFTY.COM

10:天然温泉 テルマー湯

spa-10

新宿歌舞伎町といえば、なかなか踏み入れる機会のない場所と考えている方も多いかもしれませんが、実はカップルに人気のスパが存在しています。
それが、新宿天然温泉「テルマー湯」。2015年8月にオープンしたばかりのきれいなスパです。新宿駅からはおよそ徒歩10分、近くにはこれまた比較的新しいTOHOシネマズなどがあります。
新宿に天然温泉を掘り当てたというわけではなく、中伊豆にある「神代の湯」から毎日、天然温泉のお湯を運搬し、このお湯で営業している温泉です。
入浴は、男女それぞれ別々ですが、各々6種類ずつの美肌の湯、そして2種類ずつのサウナが備えられていますので、ゆっくりと、満足できるバスタイムを味わえます。
テルマー湯では、岩盤浴エリアも、男女別になっていますので、残念ながらカップルで入浴を楽しむというわけにはいきません。しかし、お風呂から出てからの待ち合わせスペースには、たくさんのソファーのあるラウンジが用意されているので、ここでパートナーと待ち合わせをしておくと極上のリラックスタイムを過ごせることは間違いないでしょう。テレビのあるラウンジと、そうでないラウンジとがありますよ。
テルマー湯の施設内には、バーもあるので、お風呂あがりにアルコールや、トクホのドリンクなどを存分に味わうことができます。温泉施設の中のドリンクコーナーというと、ほぼビールとその他ちょっぴりだけ……というところが多い中、こちらではバーと銘打つだけあって、ワイン、カクテルなど様々な種類のアルコールや、ソフトドリンクが品揃えされていますので、カップルで是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

出典:NEWS.ASOVIEW.COM

 

都内、どうしてもリラックススペースが少ないと思ってしまいがちですが、たくさんのスパがあります。
一緒に入浴できる施設は多くはありませんが、湯上がりのパートナーの浴衣姿を見たり、ラウンジでゆったりするだけでも、普段目にしない相手の姿に、良い気持ちになってしまうこと間違いなし!
是非、カップルでおすすめスパに立ち寄ってみてくださいね。

tokyo-spa-spot