男性を楽しませるためのデートプランを考える上で大切な7つのこと

デートプランというと、男性が考えるものといイメージをお持ちの方も多いでしょうか。
実際は、女性側がデートプランを考えることも増えてきていますよね。
自分の行きたい所を盛り込めて、ペースも作りやすい女性企画のデートには、メリットもいっぱい。しかし一方で、男性に楽しんでもらうためのコツが存在するのも事実です。
そこで今回は、女性がデートプランを考える上で大切な7つの要素について、お話ししていきます。

1.自分の行きたい場所を事前に伝え、確認を取る

dating_important _thing_for_girls1

男性は、引き立てられると包容力を発揮する生き物と言われています。主導権を握っている男性は、あらゆる場面で頼りになります。逆に、もしも全てを女性が進めてしまっては、男性は自分で決めることを放棄し、次第に頼りがいが無くなっていってしまうのです。
デートプランも女性が考えるとはいえ、事前に必ず男性に相談し、相手を立てることが大切です。
「前から○○に行きたいと思っていたの!計画していいかな?」と無邪気に相談されれば、男性は快く受け入れ、デートへのモチベーションもいっそうアップすることでしょう。
このように自分の希望を伝えることは、お互いを知る絶好のチャンス。さらに男性の行きたい場所なども聞いていけばコミュニケーションも深まり、デート当日には二人の距離はすっかり縮まっていることでしょう。

2.「新鮮さ」を取り入れる

dating_important _thing_for_girls2

特に付き合う前や付き合いたてのデートは、お互いの新たな一面が発見できる貴重なひとときです。できるだけ「非日常」の要素を取り入れ、お互いが新鮮に感じられるデートを計画してみてはいかがでしょうか。夜景の綺麗なスポットはもちろん、おすすめは意外にもアウトドア系。例えば手こぎボートに乗ってみれば、不安定な水上にいるという「ドキドキ感」と共同作業の相乗効果で、二人の絆はさらに深まると言われています。

3.事前リサーチと予約

dating_important _thing_for_men's_2

行く場所が決まったら、目的地への交通手段や混雑具合、周辺のレストランや休憩スポットなども調べておきましょう。週末であれば、予約できるものはしておくと安心です。
「決まりきった行程で動くのは嫌」というタイプの男性とのデートなら、スマホに気になるサイトを登録しておき、その場で臨機黄変に対応できるようにしておいても良いでしょう。
また、女性側が喫煙者ではない場合に忘れがちなのが、喫煙ポイント。タバコを吸う男性とのデートなら、レストランやカフェは喫煙席のあるところが理想的です。テーマパーク等でも喫煙スポットをチェックしておけば、男性もあなたの気配りに感心するはず。

4.スケジュールには余裕を

dating_important _thing_for_men's_3

とはいえ、気を利かせ、用意周到に組んだスケジュールほど味気ないものはありません。
デートですから、メインとなるプラン以外は余裕を持たせておくのも一つの手。ゆっくり散歩したり、お酒を飲みながら話したりといった何気ない時間が、実は一番思い出に残ったりするものです。
男性の趣味嗜好を考慮しながら、柔軟性の高いプランを立てましょう。
そして、スケジュールの一部に男性が主導権を握る部分を盛り込むのもおすすめです。男性の行きつけのお店や興味のある場所に寄るなど、あくまで「二人で楽しむ」デートであることを忘れさせないプランにしたいものです。男性の得意分野が発揮できるプランなら、デート中の会話もさらに盛り上がること間違いなし。どんどん男性に「参加」してもらいましょう。

5.「さしすせそ」で会話を盛り上げる

dating_important _thing_for_girls3

いよいよデート本番。話す時間は山ほどあり、緊張の反面、嬉しくなってしまいます。
そんな時に女性が陥りがちなのは、色々な話を矢継ぎ早にしてしまうという失敗。特に相手が口数の少ない男性の場合には、話し過ぎないよう注意が必要です。
実は脳科学的にも、男性は論理的に完結した話を好むのに対し、女性はお互いに共感し合いながらその場で話を進めていくのを好むという性質の違いが。とりとめのない話は男性が理解しにくいばかりか、苦痛を与えてしまう危険すら秘めているのです。
そこでおすすめなのが、会話の「さしすせそ」。客室乗務員や女性アナウンサーも使う、会話の潤滑油となる相づちです。

「さ」:「さすが!」
「し」:「しらなかった」
「す」:「すごい!」
「せ」:「センスがいい」
「そ」:「そうなんですね」

これら「さしすせそ」には、男性のプライドを刺激する効果があるのだとか。
「すごい!その後どうしたの?」などと先を促されたら、口数の少ない男性も気持ち良く話してくれることでしょう。

6.マナーは守りつつ、思い切り楽しむ!

dating_important _thing_for_men's_9

注意すべき点がいくつかあるとはいえ、デート中は細かなことは気にせず、思いきり楽しみましょう!あなたの無邪気に楽しむ笑顔が、男性にとって一番の思い出となるはずです。
もちろん、マナーを守ることは大切です。食事のマナーや店員さんへの礼儀、そしてお会計の際は、たとえ男性が払ってくれるのだとしても「私も支払います」という姿勢は見せたいものです。
大人として最低限のルールを守ったら、あとは二人のデートを満喫するだけ。男性の顔色を伺いすぎず、気を遣いすぎず、目の前の世界に没頭することをおすすめします。

7.お礼メールを忘れずに

dating_important _thing_for_girls4

楽しかったデートも終わり、それぞれの帰路へ。ここで思い出してもらいたいのは、「家に帰るまでがデート」だということです。家に着いたら、まずは男性にお礼のメールを送りましょう。「無事に家に着きました。今日は楽しい時間をありがとう」といった内容のメールを送れば、自然と次のデートの話につながる可能性も高くなります。
いかがでしたか。「デートは二人で楽しむもの」ということを忘れずに、ますます相手との絆が強くなるデートをしていただきたいと思います。

dating-spot-for-girls